相続放棄に関する相談事例

四日市の方より相続放棄についてのご相談

2021年12月01日

Q:不動産を相続し、売却した後に借金が発覚し、相続放棄をしたいのですが今からでもできるのでしょうか。司法書士の先生アドバイスをいただけませんか。(四日市)

 

2か月前、四日市で長年暮らしていた父が亡くなり、相続手続きを行いました。父は四日市の自宅に一人暮らしをしており、相続人である私と弟はそれぞれ離れた場所に住んでいますので、自宅は売却し、売却金を受け取っています。

様々な手続きを済ませ、ようやく少し落ち着いてきたところ、父にお金を貸していたという人が現れ、借金を返済するよう求められています。自宅を売却したお金では払いきれない額であるため、相続放棄をしたいと考えているのですが、今からでも相続放棄をすることは出来るのでしょうか。(四日市)

 

A:基本的に相続後に相続放棄することはできません。

 

相続において相続人は単純承認、相続放棄、限定承認のいずれかを選択することができ、相続放棄が可能な期間は相続の開始を知ってから3か月以内と定められています。

しかしながら、今回のご相談者様はすでに相続財産を売却しているため、「単純承認」をし、相続財産の全部または一部の処分をしているとみなされるでしょう。

単純承認とは借金などのマイナスの財産、プラスの財産すべての財産を受け継ぐものです。

単純承認をしたとみなされると、それをくつがえして相続放棄することはできません。

亡くなった方が思わぬ借金などの負債を抱えているケースは少なくありません。今回のケースのように単純承認をした後に借金がみつかった場合には相続人が借金を背負うことになってしまいます。実際にご自身が相続をする立場になった場合には思い込みで動くのではなく、財産調査を確実に行い、相続放棄をするかどうか検討した上で不動産売却等の手続きを行いましょう。

三重相続放棄サポートセンターでは相続放棄の専門家として相続放棄や相続全般の困りごとをお持ちの四日市の皆様のご相談を多くお受けしています。法律の専門家であり、四日市の地域事情にも詳しい司法書士が四日市の皆様の親身になって、相続放棄のお悩みをサポートします。初回の相談は無料でお伺いしておりますのでお気軽にお問い合わせください。四日市ならびに四日市近辺にお住いの皆様のご相談をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

四日市の方より相続放棄についてのご相談

2021年11月02日

Q:相続放棄は数人いる相続人のうち、ひとりでもできるのか、司法書士の先生教えていただけませんか(四日市)

四日市で暮らしていた母が亡くなり、相続放棄を考えています。
母は10年前に亡くなった父の財産を相続したのですが、借金が多くとても苦労していました。
その姿をそばで見ており引き継ぎたい気持ちもありますが、私自身には家庭もあるため相続放棄を検討しています。
母の相続人として私以外に兄と弟がいますが、私が相続放棄をしたい場合には他の相続人も一緒に行うのでしょうか?
また、相続放棄を行うにあたって気を付けた方がいい点があれば教えていただけませんか。(四日市)

A:相続放棄はひとりでも行うことができます。

相続放棄は相続人がそれぞれ行うことができますので、ひとりでも行うことができます。

実際に相続放棄を行う場合は亡くなった被相続人の最後の住所を管轄する家庭裁判所に申述書を提出します。
なお、相続放棄には期限が設けられており、相続の開始があったことを知った時(通常亡くなった日)から3か月以内に申述をする必要があります。
期限を過ぎてしまうと、自動的にプラスの財産もマイナスの財産も相続する単純承認になりますので注意しましょう。

また、基本的に相続放棄の申述を一度すると撤回することはできません。
万が一相続放棄をした後にプラスの財産が見つかったということがあっても相続放棄をやめて相続します、ということはできませんので、事前の財産調査を確実に行い、相続放棄をするか否かの判断は慎重に行うことが大切です。

相続放棄をするかどうかの判断がつけられないという方や手続きに不安があるという方は相続放棄の専門家へ相談することをおすすめします。

三重相続放棄サポートセンターでは、ご相談を初回無料でご利用いただけますので、様々な状況での相続放棄に関するご相談についてもご活用ください。
相続放棄には期限があるため、思うように進まず焦ってしまう場面もあるでしょう。
三重相続放棄サポートセンターでは四日市にお住まいの方や四日市近辺にお住まいの皆様の親身になって相続放棄のサポートを行っております。
相続放棄についてお悩みの四日市の皆様からのご相談を親身になってお伺いします。
四日市の皆様からのご相談をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

四日市の方より相続放棄についてご相談

2021年10月05日

Q:父の借金を肩代わりしたくないのですが、相続放棄はどのタイミングでできるものなのでしょうか。司法書士の先生、教えてください。(四日市)

四日市でたくさんの相続放棄を請け負っていると聞き、ご相談させていただきました。

私は実家のある四日市の近隣で暮らしている40代主婦です。先日のことですが仲の良い友人が相続を経験しまして、親が亡くなってはじめて多額の借金があることを知ったそうです。友人は相続放棄の手続きをしたとのことですが、その話を聞いて私の父にも借金があることを思い出しました。

どのくらい借金があるのか、金額まではさすがにわかりませんが、父が亡くなった場合は私と弟が相続することになるのかと思うと今から心配でなりません。友人のように相続放棄をしたいと考えていますが、相続放棄の手続きはどのタイミングからできるものなのでしょうか?司法書士の先生にぜひとも教えていただきたいです。(四日市)

A:相続放棄ができるタイミングは、お父様の相続が発生してからとなります。

ご相談者様のようにご家族に借金があると把握している状況ですと、すぐにでも相続放棄をしたいと考える方も少なくありません。しかしながら相続放棄の手続きが行えるのは相続が発生してからとなるため、それまでは残念ながら相続放棄はできないというのが現状です。

相続において相続放棄を選択する場合、被相続人(今回のケースですとお父様)が亡くなったことを知った日から3か月以内に家庭裁判所へその旨の申述を行います。この期間を過ぎると単純承認したものとみなされ、自動的に被相続人のすべての財産を承継することになってしまいます。この“すべての財産”には現金や預貯金、不動産などのプラス財産と借金や住宅ローン、保証債務などのマイナス財産が含まれるため、相続放棄の期限内にきちんと手続きを済ませるようくれぐれも注意しましょう。

相続放棄をすれば最初から相続人ではなかったことになるのでお父様の借金を肩代わりする義務はなくなりますが、プラス財産があった場合にはそれらを相続する権利も失われます。お父様の相続が発生した際はしっかりと財産調査を行い、そのうえで相続放棄をするかどうか選択することをおすすめいたします。

なお、ご相談者様が相続放棄をしてもお父様の借金自体がなくなるわけではなく、同じ第1順位の相続人となる弟様が返済することになります。弟様も相続放棄をした場合にはお父様の父母または祖父母、その方々がご逝去されている場合はお父様の兄弟姉妹へと相続権は移ります。突然借金を背負わされるとなれば揉め事に発展する恐れもありますので、相続放棄をする際は新たに相続人となる方への配慮を忘れないように心がけましょう。

三重相続放棄サポートセンターでは、数多くの相続手続きをサポートしてきた司法書士が、四日市の皆様一人ひとりのお悩みを親身になってお伺いしております。相続放棄は相続人となる方が相続により不利益を被らないために行う手続きであり、正しく行わなければ相続放棄をしたとはみなされません。

初回相談は無料ですので、四日市の皆様、ならびに四日市近郊の皆様におかれましては、三重相続放棄サポートセンターまでぜひお気軽にお問い合わせください。

四日市の方より相続放棄についてのご相談

2021年09月02日

Q:司法書士の先生に伺いたいのですが、私には相続放棄をする権利はあるのでしょうか。(四日市)

先日四日市に住む母と話していたところ、実は多額の借金があることを打ち明けられました。
詳しい金額はまだ教えてもらえていませんが、相当な金額あるようです。
父は既に亡くなっており、相続人は私1人です。両親ともに兄弟はおらず、親せきもいませんので、誰かに相談することも出来ず、こちらへご相談させて頂きました。もしも母が亡くなった場合、借金を放棄することは出来るのでしょうか。
その借金を他の人が負担することも申し訳なく思い、相続放棄をしてはいけないのではないかとも考えています。
今の時点で何か出来ることはあるのでしょうか。(四日市)

A:相続放棄をするかどうかは相続開始後にご自身で選択できます。

相続が開始すると、相続人は単純承認、相続放棄、限定承認のいずれかを選択することが出来ます。
相続放棄とは相続の権利を放棄し、被相続人のプラスの財産もマイナスの財産も受け取らないことをいいます。
つまり、被相続人に借金がある場合には、遺産をもらうことも出来ませんが、借金を返済する必要もなくなります。

相続人のうちの1人が相続放棄をすると、他に相続人がいる場合には、残った相続人だけで相続財産を分割します。
相続人全員が相続放棄することも可能ですが、全員が相続放棄したからといって、被相続人の負債がなくなるわけではありませんので、注意が必要です。
相続放棄をすることにより、次の相続順位の人に相続権が移りますので、被相続人の両親、兄弟姉妹が相続人となり、負債を受け継ぐことになります。
ご自身が相続放棄をすることで新たに相続人となる人には、相続放棄をした旨を連絡しておくと良いでしょう。

なお、相続放棄をするかどうかの選択は相続が開始して、初めて行うことが出来ます。
今回のご相談者様のケースであれば、お母様がご存命の間に相続を放棄することはできません。
相続放棄をするという契約書や念書を作成していたとしても、法的な効力はありませんので、ご注意ください。

ご家族が知らないところで借金を抱えていたというケースは少なくありません。
ご家族が亡くなり、ご自身が相続人になった場合には、被相続人の遺産を全て確認してから、相続するのか、相続放棄するのか検討することをおすすめいたします。

三重相続放棄サポートセンターでは、四日市の地域事情に詳しい相続の専門家が親身になってサポートさせていただきます。
三重相続放棄サポートセンターでは初回のご相談は無料で承っておりますので、相続放棄について少し話を聞いてみたい、事務所の雰囲気を見てみたいなど、お気軽にご利用ください。

四日市の皆様のご連絡をスタッフ一同心よりお待ちしております。

鈴鹿の方より相続放棄についてのご相談

2021年08月04日

Q:財産調査に難航していて相続放棄の期限が迫ってきています。司法書士の先生に何とかならないものか、相談したいです。(鈴鹿)

はじめまして。先日、鈴鹿の実家にて暮らしていた父が亡くなりました。
急なことではありましたが、無事に葬儀を済ませ、遺品の整理や相続手続きに取り掛かっています。
遺品整理を進める中で、父が複数の会社からお金を借りていたことが分かりました。
どうやら、母が5年前に亡くなって以降、お金の管理がずさんになり、ギャンブルや飲み代に使っていたようです。
もともと所有していた株式等の財産以外に複数の口座に預貯金を保管し、借金もあるため全体像の把握にかなり時間を要しています。
相続放棄についてネットで調べるうちに相続放棄には「相続があった事を知った日から3ヶ月以内」という期限が設けられていることを知りました。
相続放棄をするのか、少しでもプラスが出るなら相続するのか、判断ができず困っています。
どのように進めていけばよいか、司法書士の先生に教えていただきたいです。(鈴鹿)

A:相続放棄申述期間の伸長を申立てることで、期限の延長が認められることがあります。

ご相談ありがとうございます。

ご相談者様の今回のご相談内容ですと、相続放棄の期限<3ヶ月以内>に家庭裁判所へ『相続の承認または放棄の期間の伸長』を申し立てることで、相続放棄の期限延長が認められる可能性があります。
申し立てが認められた場合、相続放棄の期限をさらに1~3ヶ月程度延長できることがあります。

ここでの注意点としては、必ず相続放棄の期限である3ヶ月以内に「相続放棄申述期間の伸長」の申し立てをするという点です。
もし、相続放棄の手続きをしないまま期間を過ぎてしまうと、自動的に単純承認(プラスの財産もマイナスの財産も全て相続する)をすることになります。
鈴鹿のご相談者様におかれましては、くれぐれもご注意ください。

今回のように、故人の財産状況を全く把握しないまま相続手続きが始まってしまうことは珍しくありません。
期限が迫ってきたからといって、焦って判断して手続きに進んでしまっては、後々のトラブルにつながりかねません。
早めに司法書士に相談することで、財産調査からサポートしてもらえます。
本来支払わなくてよかった債務を肩代わりするようなことにならないためにも、プロに相談して進めていくことをおすすめいたします。

鈴鹿周辺地域で相続放棄の必要がありそうな方や相続放棄の期限に差し迫ってきている方は、どうぞおはやめに三重相続放棄サポートセンターまでお問い合わせください。

財産調査から相続手続きまで幅広く鈴鹿の皆さまのサポートをさせて頂いております。
初回相談は無料にて承っております。
鈴鹿地域にお住まい、鈴鹿にお勤めの方のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

 

ご相談事例

  • 新着情報
  • エリアで探す