相続放棄に関する相談事例

鈴鹿の方より相続放棄についてのご相談

2022年06月01日

Q:最近知った相続で借金を返済することになりました。司法書士の先生、期限を過ぎたら相続放棄はできなくなるのでしょうか。(鈴鹿)

司法書士の先生、困ったことになっているのでぜひともお力を貸してください。
私は鈴鹿で一人暮らしをしている50代会社員です。半年前のことですが年の離れた兄が亡くなりました。兄が所帯を持ってからすっかり交流はなくなり、兄の妻と子ともほとんど顔を合わせたことはありません。それでも亡くなった旨の連絡はきたので、葬式には参列しました。

その後、兄の妻とはまた疎遠状態になっていたのですが、1週間前に兄の借金返済に関する通知が届きました。兄の相続人は妻と子であるはずなのになぜ私に通知が送られてきたのか、債権者に連絡したところ、その二人が相続放棄をしたので連絡したとのことでした。
相続放棄をしたという連絡もなく、ただただ兄の借金を背負う羽目になったことに納得がいかず、私も相続放棄をしようと思いました。ですが相続放棄の期限は3か月以内と知り、愕然としているところです。
期限を過ぎていたら、どんな理由があったとしても相続放棄をすることはできないものなのでしょうか?司法書士の先生にお伺いしたいです。(鈴鹿)

A:相続人になったことを知ったのが最近であれば、今からでも相続放棄をすることは可能です。

相続放棄には3か月以内という期限が設けられていますが、被相続人が亡くなったことと、それによりご自分が相続人となったことを知った時から数えるものと民法により定められています。
今回のケースではお兄様がお亡くなりになったのは半年前ですが、お兄様の借金に関する通知が届いたのは1週間前とのことですので、相続放棄の期限はその日から3か月以内となります。よって速やかに相続放棄の手続きを行えば、ご相談者様がお兄様の借金を代わりに返済する必要はありません。

相続放棄の手続きは、被相続人の最後の住所地を管轄区域とする家庭裁判所で行います。その際にはいくつかの書類を用意し提出する必要があるため、あらかじめホームページ等で確認しておくと良いでしょう。ご自分で相続放棄の手続きを行うことに不安がある場合には、相続を得意とする専門家に相談されることをおすすめいたします。 

三重相続放棄サポートセンターでは相続放棄について鈴鹿の皆様にわかりやすくご説明できるよう、相続放棄に精通した司法書士による無料相談の場を設けております。三重相続放棄サポートセンターの司法書士は相続全般のお悩みやお困り事も得意としておりますので、どんなに些細なことでも遠慮なくお問い合わせください。
鈴鹿の皆様、ならびに鈴鹿で相続放棄・相続手続きについて相談できる事務所をお探しの皆様からのご連絡を、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

四日市の方より相続放棄についてのご相談

2022年05月06日

相続するか、相続放棄をするかの判断が期限内にできそうにありません。この場合どうしたらよいのか、司法書士の先生教えてください。(四日市)

先日、四日市に住んでいた父親が亡くなりました。私には兄弟姉妹などもおらず、母親もずっと前に亡くなっておりますため、相続人は私一人だけになると思われます。
現在私は四日市から離れて暮らしており、母が亡くなって以降は父親ともあまり連絡をとっていなかったため、父親の持っていた財産の調査が思うように進んでおりません。
どうやら父にはいくつかの負債があること、四日市および四日市外にも不動産を所有していたこと等はわかっているのですがまだまだ全体の把握には時間がかかってしまいそうです。

このままでは相続放棄の期限内に相続の方法が決定できないのではと不安を抱えています。
負債額がいくらになのかもわからず怖いので、いっそ相続放棄をしてしまおうかとも考えるのですが、慎重な判断が大事だということもわかっており……このような場合はどうしたら良いのでしょうか?司法書士の先生にお伺いしたいです。(四日市)

「相続放棄申述期間の伸長の申立て」を行うことで、相続放棄の期限を延ばすことができるでしょう。

ご相談者様のように期限内に財産調査が終わらず、相続方法の判断がつかない場合、相続放棄の期限内に「相続の承認または放棄の期間の伸長」を家庭裁判所に申立てを行いましょう。期限延長が家庭裁判所に認められると、1~3ヵ月程度相続放棄の期限を延長することができます。

相続放棄は、「相続があった事を知った日から3ヶ月以内」に家庭裁判所へ相続放棄の申述をする必要があります。
そして、この相続放棄の手続きをしなければ単純承認をしたとみなされ。プラスの財産(金融資産や不動産)もマイナスの財産(負債)も全てを相続したものとみなされます。

ご相談者様のように実家を長く離れて暮らしていた方など、ご家庭の状況によっては財産調査に時間がかかってしまうケースは多々あります。
しかし、相続では焦って決断してしまった事が後々トラブルへと発展してしまう場合がありますので、しっかりと状況を理解して進めていくことが大事です。

四日市エリアで相続放棄を考えている、期限に猶予がない、相続方法の判断がつかない等、相続についてお悩みの方は、お早めに三重相続放棄サポートセンターへご相談ください。
三重相続放棄サポートセンターでは限られた時間の中で、財産調査から相続する財産の全把握まで、四日市エリアの皆さまのお手伝いをさせて頂きます。 相続放棄についてお悩みの方は是非三重相続放棄サポートセンターの初回無料相談をご活用ください。四日市のみなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

四日市の方より相続放棄についてのご相談

2022年04月01日

Q:相続放棄を検討しているのですが、相続人全員で行わなければいけないのでしょうか?司法書士の先生に教えていただきたいです。(四日市)

先月、四日市市内の病院で闘病生活を送っていた父が亡くなりました。心が追い付かないまま葬儀を終え、現在は相続手続きを進めています。母は数年前に他界したため、おそらく相続人は私と妹の二人のみです。以前父が所有していた財産について調べたところ、四日市にある実家と預貯金が遺されていたのですが、最近新たに多額の借金があったことを知りました。妹は現在結婚し、海外に住んでいるため相続手続きは基本的に私が一人で行っている状況です。父が遺した借金の額はとてもではありませんがすぐに払えることができませんし、一人で相続手続きを行うのも大変なため相続放棄をしたいと考えています。

そこで司法書士の先生にご相談なのですが、相続放棄を行う場合、妹と共に行う必要はあるのでしょうか?(四日市)

 

A:相続放棄はひとりだけでもできます。

この度は三重相続放棄サポートセンターへお問い合わせいただきありがとうございます。

相続放棄は相続人がそれぞれで行うことができます。たとえ他の相続人が相続放棄することに反対しても、ご自身が相続放棄をしたいとお考えでしたら自由意志で行うことができます。

相続放棄には期限があり、相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内に申述する必要があります。申述する場所は、被相続人の最後の住所を管轄する家庭裁判所にて申述書を提出します。

また注意点として、相続放棄は一度手続きを行ってしまうと取り下げることができません。

例えば借金があるからと相続放棄をしたあとに改めて財産整理を行った結果、プラスの財産の方が多かったと発覚しても、再び相続することができません。そのため相続放棄をする前にしっかりと財産状況を把握しておくことが大切です。

 

三重相続放棄サポートセンターは相続放棄の専門家として、四日市エリアの皆様をはじめ、四日市周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。

三重相続放棄サポートセンターではご依頼いただいた皆様の相続放棄について、四日市の地域事情に詳しい専門家が親身になってサポートさせていただきます。まずは三重相続放棄サポートセンターの初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。

三重相続放棄サポートサンタ―のスタッフ一同、四日市の皆様、ならびに四日市で相続放棄ができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

四日市の方より相続放棄についてのご相談

2022年03月01日

Q:亡くなった父に借金があることが発覚しました。相続放棄の手続きをする場合にはいつまでにすればいいのでしょうか。司法書士の先生、教えてください。(四日市)

私は四日市に住む主婦です。2か月前に父が亡くなり、相続手続きを進めているなかで、父に借金があったことがわかりました。一方で実家の土地などの資産もありまだ財産調査が完了しておらず、相続放棄をするべきなのか、まだ決断できずにいます。母は既に亡くなっており、兄弟もおりませんので相続人は私一人だけで、相談できる人もおらず、悩んでいます。相続放棄をする場合には期限が設けられているようですが、それに間に合わなかったら諦めるしかないのでしょうか。(四日市)

 

A:相続放棄申述期間の伸長の申立てを行うことで、1~3か月程度延長できる可能性があります。

相続放棄を行う場合、相続が発生したことを知った日(通常は亡くなった日)から3ヶ月以内に家庭裁判所へ相続放棄の申請をしなければなりません。相続放棄の手続きをしなかった場合には自動的にプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続する単純承認をしたとみなされます。

今回のご相談者様のように亡くなった方の財産について把握しておらず、亡くなってから借金が発覚したという方は少なくありません。相続放棄をするかどうかは焦って手続きを進めてしまうと後になってトラブルになることもありますので、慎重に進めましょう。

相続放棄の手続きの期限内に財産調査が完了せず、相続するか相続放棄するか判断ができない場合には、相続放棄の期限内に家庭裁判所へ「相続の承認または放棄の期間の伸長」を申し立てる方法があります。家庭裁判所の判断にはなりますが、相続放棄の期限延長が認められれば、相続放棄の期限を1~3ヶ月程延長できるかもしれません。しかし、認められないこともありますので、出来る限り期限内に判断が出来るよう、財産調査を進めていくことをおすすめします。

三重 相続放棄サポートセンターでは四日市にお住まいの皆様や四日市近辺にお住まいの皆様の相続放棄をする可能性があるが、まだ判断がつかないという方のご相談を始め、相続放棄に関するお悩みをお伺いしております。相続放棄には期限がありますので、お悩みの際にはお早めにご相談ください。初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、四日市の皆様ならびに四日市近辺で相続放棄に詳しい司法書士事務所をお探しの皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

四日市の方より相続放棄のご相談

2022年02月01日

Q:司法書士の先生に相続放棄について教えていただきたい。(四日市)

まだ先の話にはなりますが、父の相続が発生した際は相続放棄をした方がいいのではないかと思っており、相続放棄について教えていただきたく問い合わせました。父は健在で、間もなく80になります。母はすでに他界しておりますが、特に不自由なく四日市で元気に独り暮らしをしています。子供は私と弟の2人です。なぜ相続放棄を検討しているかというと、先日父の知人に、父は借金を抱えているから死んだら相続放棄したほうがいいと言われたことがきっかけです。正直父に借金があるなんて知りませんでしたし、父も私達には話してくれません。借金の額について等詳細はわかりませんが、遺産は自宅くらいしかないと思いますので大した額にはならないはずです。まだ亡くなってもいない段階でこのようなご相談をするのは不謹慎とも思いましたが、その時になって慌てないよう、ある程度覚悟をしておくべきと判断しました。(四日市)

 

A:相続放棄は、相続の権利を放棄して被相続人の財産を一切受け取らないことをいいます。

相続では現金や不動産などのプラスの財産だけを相続すると思われがちです。しかしながら、ご相談者様のように被相続人に借金がある場合、その借金も相続することになります。つまり、相続をすると相続人は被相続人の借金返済の義務を背負うということです。

そのため、被相続人の財産がプラスの財産よりマイナスの財産の方が多かった場合などは相続放棄を検討することになります。相続放棄とは、相続の権利を放棄して被相続人の財産を一切受け取らないことをいい、借金の返済義務がなくなるだけでなく、プラスの財産も引き継ぐことは出来なくなります。

相続放棄をすることで、その相続人は最初から相続人ではなかったことになり、他に相続人がいる場合はその人たちだけで遺産分割を行います。被相続人に借金があるからと相続人全員が相続放棄をした場合は、次の相続順位の人が相続人となってマイナスの財産を引き継ぐことになりますので、そのような場合は、次の相続人に相続放棄をした旨を伝えておきましょう。

なお、被相続人の生前に相続を放棄することはできませんので、現段階では専門家からアドバイスを受け、いざという時のために心の準備をしておくと良いでしょう。

 

相続に関する手続きは正確かつ迅速に行う必要がありますので、相続放棄を含む相続手続きを得意とする三重 相続放棄サポートセンターの専門家にお任せください。四日市をはじめ、周辺地域の皆様から相続放棄を含む相続手続きに関するご依頼を承っている三重 相続放棄サポートセンターの専門家が、四日市の皆様の相続放棄を含む相続手続きがよりよいものになるよう、手続き完了までしっかりとサポートをさせていただきます。初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、四日市の皆様、ならびに四日市で相続放棄ができる事務所をお探しの皆様におかれましてはお気軽にご連絡ください。

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

 

ご相談事例

  • 新着情報
  • エリアで探す