相続放棄の相続人が未成年・海外在住に関する質問

 ◆質問一覧

・相続人が未成年の場合は?

・相続人が海外在住の場合は?

 

 

相続人が未成年の場合は?

親権者が相続放棄をした後に未成年の子の全員が相続放棄をする場合には親権者が手続きを行うことができます。
しかし、未成年者の子は相続放棄を行い親権者が全て相続をする等ケースによっては未成年者の子に対して特別代理人を選任しなくてはなりません。
親権者が遺産を独り占めすることがないように未成年者の子の一人ひとりに特別代理人を選任します。ですので未成年の子が3人いるのであれば特別代理人は3人必要です。

 

 

相続人が海外在住の場合は?

海外に在住しており日本に住所がない場合には通常の必要書類と併せて在留証明を提出します。なかには書類をEMS等で送付できる裁判所もあります。

 

 

 

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

ご相談事例

  • 新着情報
  • エリアで探す