生前の相続放棄に関して

被相続人が生きている間に相続放棄をしたいとお考えの方がいらっしゃいます。

しかし、生前(相続開始前)の相続放棄は認められていません。
理由としては、相続放棄自体、誰かが亡くなると発生する「相続」を「放棄」することです。ですから、相続権が発生してない限り放棄もできないのです。
つまり、相続自体がないので、生前に相続放棄することは不可能です。

また、生前に「相続を放棄します」などの念書や契約書などを作成しても当然に無効となります。


ちなみに、相続と似たようなものに、遺留分というものがありますが、こちらについては、生前に放棄することができます。

遺留分とは、亡くなったひとの兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合のことです。

大事なことは、相続と遺留分は、違うものだということにつきます。

相続放棄の基礎知識

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す