相続放棄と相続する順番

借金を残して親や親族が亡くなった場合に、相続放棄をするべき人は相続人です。
ですから、相続人が誰か、ということが重要なポイントになってきます。
また、相続放棄を誰かがすると、場合によっては、他の方が相続人になってしまうケースもあります。

どういった場合、誰が相続人となるのでしょうか?

例えば、夫と妻と子供という家庭において、妻が亡くなった場合、夫と子供が相続人となります。
また、亡くなったひとが未婚で子供もいないような場合、その親が相続人となります。

順番

第0順位.配偶者(つねに相続人)
第1順位.子供以下直系卑属のライン
第2順位.親以降直系尊属のライン(第1順位の相続人が誰もいない時のみ)
第3順位.兄弟姉妹の横のライン(第1順位、第2順位の相続人が誰もいない時のみ)

ややこしいので、自分が相続する可能性がある人を見たいと思います。

確実に相続人になるケース

父母の死亡
配偶者の死亡

場合によっては相続人となるケース

子供の死亡
兄弟姉妹の死亡
祖父母の死亡
父母の兄弟姉妹の死亡
祖父母の兄弟姉妹の死亡

これらの方がお亡くなりになったとき、もし自身が相続人となってしまった場合に、相続するのか、しないのかを決めておくほうがよいかと思います。

 

相続放棄の基礎知識

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す