相続放棄と預金利用

相続放棄する場合の原則として被相続人の相続財産を勝手に処分してはいけないというルールがあります。

その理由として、何度も書かせていただいたように相続放棄とは、亡くなったひとの財産も借金も、一切相続しないということです。
もし仮に相続放棄前に勝手に財産を処分が可能であるということになったら、財産の名義だけを自分の名義にしてから、借金をすべて放棄してしまえることになってしまい、あまりに不誠実なことになってしまいます。

ですから、相続放棄を選択したのであれば、亡くなったひとの預貯金などを勝手に処分する権利は当然にありません。相続放棄をしていながら、亡くなったひとの預貯金などを処分した場合、相続放棄を認められない可能性が著しく高くなりますので十分に注意してください。


では、すべての財産を一切処分してはいけないか、というとそういうことはありません。
処分してもいい財産も中にはあるのです。
どういったものを処分してもいいのかと言いますと、

 「資産価値」がないもの。

と定められております。
しかし、「資産価値」のないものはどういうものなのか、明確な基準がないため判断に困ってしまいます。

私どもから、「資産価値」のないものとして一つ基準を提示するとすれば、“質屋さんが買い取ってくれないもの”と考えればよいと思います。
「客観的に見て」価値がないもの。
あまり嗜好性に左右されないものとなります。

判断の難しい相続放棄

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す